想像以上に想像以下な大学生

大学生が日々を綴っていくものです。

ノーヒットノーラン

どうも。

 

 

f:id:syu_nyan15:20170531221731j:image

いつの画像でしょうか?

 

 

若々しさが溢れて大好きですわ( ̄∀ ̄) 

 

 

突然ですが。、

 

肉が290円らしいです。

 

東京だけらしいですが。

 

 

 

すごく行きたいです。。。(º﹃º)ジュルジュル

 

f:id:syu_nyan15:20170531221612j:image

http://ure.pia.co.jp/articles/-/74991

 

 

 

 

飯テロすみません(笑) 

 

 

 

今回は、ノーヒットノーランです!

 

 

 

 

ご注意

これから先は個人的な意見、感想、思想のため、私一個人としての偏見として受け取ってください。

 

 

 

物語の始まりはそう 成す術の無い僕らが主役
白いライト当てられて 期待を背負って
頼むぜ我らがスラッガー
今日はどうした 未だノーヒットノーラン

 

一番前で見ている人の目 その想いは僕をあせらせて
高鳴る心の背中につかえる
タメ息に勇気かき消されても「まかせろ」なんていうだけど
ライトからすぐ逃げたいよ 打てるかな打てなきゃ ノーヒットノーラン
スラッガーだって怯えるんだ

 

好きな時に好きな事をして 時々休み
また適当に歩き出していた それがいつの間にか
誰かに何か求められて誰にも甘えられない

ライトからすぐ逃げたいよ だけど僕はスラッガー
ノーヒットノーランのままじゃ認められない
そんな僕は存在しちゃいけない
願わくば怯える自分に逃げ場を与えてあげたい
願わくば誇れる自分と名誉とライトが欲しい
ボクになにがのこるんだろう?
臆病なボクにナニガデキルンダロウ?

 

 

ライトがまだ足りないよ
「ボクはスラッガー」もっと思い込ませてくれ

物語の始まりはそう 成す術の無い僕らが主役
白いライト当てられて期待を背負って

「頼むぜ我らがスラッガー」「まかせろ!!」って僕は胸をたたく
この手よ今は震えないで この足よちゃんとボクを支えて
白いライトあてられて怯えないように
帽子を深くかぶり直し 不敵に笑うスラッガー
普通に生きてりゃ誰だってライトを浴びる日は訪れる
そんな時誰でも臆病で 皆腰のぬけたスラッガー
ノーヒットノーラン 誰かにそれを知って欲しいから
「まかせろ!」って僕は胸をたたく

 

 

 

 

期待が過大で被害が拡大したのでしょう。

 

 

orbital periodに収録されてる「才悩人応援歌」

が、この歌の対極に位置すると思います。

 

 期待されていない人への歌(才悩人応援歌)

期待されている人への歌(ノーヒットノーラン)

 

 

きっとこの時期のBUMP OF CHICKENの状態を大きく反映させ、表現した歌のように聞こえます。

 

 

 

解釈としては

 

多くの人々に期待され(スラッガーとみなされ)、ライトを当てられる。

その時に、輝けるかどうか。

 

誰にでもライトを当てられる。

みんなにそのライトを活かしてほしい。

 

 

最後の歌詞の「誰かにそれを知って欲しいから まかせろ…」の部分は

俺(藤くん)からこの歌を聴いてくれている人

に投げかけているのかと思います。

 

 

 

 

全て個人的な解釈ですが………

 

 

 

 

 

入りのギターとドラムとベースが染みますよね。

 

そして、サビの後半のチャマとひろ?のコーラスやノーヒットのコーラスが好きですわぁ。

 

 

ほんとに、この曲に僕は助けられた。

生きる糧になった。

 

 

BUMP OF CHICKENの多くの歌に助けられているのですがこの歌もその一つで、思い出深いのです!

 

 

 

 

知っている方は、聴き直して自分なりに楽しんでもらえると嬉しいです!

 

 

まだ知らなかった人は、今回を機に是非、好きになってもらえたら嬉しいです!

 

 

 

では。

 

 

 

_( _´ω`)_フゥ